熊本秋景2012年11月18日

南京ハゼの黄葉
 衆議院の解散と歩調を合わせるかのように、冬型の厳しい寒気が訪れるようになり、熊本市内の紅葉が一気に進んだ。
 熊本の秋は、私の感じでは先ず江津湖畔の南京ハゼの紅葉から始まる。今年も鮮やかに、艶やかに、赤色黄色取り混ぜて南京ハゼが紅葉した。日本晴れの本日早朝、カメラを抱えて江津湖畔を廻った。澄んだ朝日を受けて紅葉の煌めきが目に眩しかった。
 その後熊本城に廻った。こちらは日当たりが良すぎるのか、名物の大銀杏にはまだ緑が十分に残っていた。銀杏の黄葉は10日ほど遅いようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokio3.asablo.jp/blog/2012/11/18/6636896/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ レイバン サングラス - 2013年07月13日 22時02分44秒

熊本秋景: 徒然の記