秋月城跡の黒門2008年11月26日

秋月城跡の黒門
 今秋の「紅葉の追っかけ」の最後として、今日、福岡県朝倉市にある秋月城趾へ行った。秋月は「筑前の小京都」と呼ばれ、周囲を山に囲まれた盆地にあり、戦国時代から城下町として栄えたところ。山間の静かな盆地のしっとりとした佇まい、そしてハゼや紅葉の紅と銀杏の黄色、そして常緑樹の緑がしっくりと溶け合い、いわば「静謐の美」のようなものを醸し出していた。
 秋月城は秋月藩の藩庁がおかれていたところで、秋月藩(あきづきはん)は福岡藩の支藩。元和9年(1623年)黒田長政の3男・長興が福岡藩より5万石を分知され立藩した。だが、秋月の名はこのことよりむしろ「秋月の乱」で知れれているように思う。
 「秋月の乱」は明治9年(1876年)10月24日に熊本県で起こった神風連の乱に呼応して、その3日後の10月27日、旧秋月藩の士族宮崎車之助、磯淳、戸原安浦、磯平八、戸波半九郎、宮崎哲之助、土岐清、益田静方、今村百八郎ら約400名によって起こされた明治政府に対する士族反乱である。12月3日に福岡臨時裁判所で関係者の判決が言い渡され、首謀者とされた今村と益田は即日斬首され、約150名に懲役、除族などの懲罰が下された。この乱により、秋月城が破壊されてしまった。
 ここに掲げる写真は、その秋月城跡の黒門であるが、これは鎌倉時代に古処山城の城門として造られ、江戸時代初めに秋月城の大手門として移された。そして明治時代からはお宮の神門に使われるなど700年の歴史をもち、福岡県の文化財に指定されている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tokio3.asablo.jp/blog/2008/11/26/3977001/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 酔ちゃん blog - 2008年11月27日 16時25分34秒

飛騨路はいま紅葉の盛りである。
下呂市金山町の禅宗の寺「玉龍寺」はもみじ寺として有名である。
寺の広い敷地内の庭木はほとんどもみじである。
紅葉の美しさはその年の気候な